繰りかえし通う事で面白さが2倍3倍になる大阪の風俗店

adult entertainment establishment

風俗とライト風俗の境界線

普通の飲食店やマッサージ店でも、女の子を全面に出したお店は風俗に近いもので、男の欲望を満たすためのお店となってきます。お客さんの層はかなり限定されてきますが、メイドカフェなどもそのひとつと言えるでしょう。
現に、メイドカフェの中には風俗で求人を出しても女の子にとってハードルが高いために、ライト風俗で男の欲望に訴えるような接客を学んでから風俗へと流れていく女の子もおり、風俗店の経営者がメイドカフェのような趣きの違うお店を持つのはスカウトのためだと言います。
ライト風俗というジャンルは、どちらかというと男性のためのお店であることは確かですが、経営者側からすればもっと金になる風俗へと女の子を誘導するための撒き餌なのです。
つまり、我々が遊びたいときは、迷わずに風俗側に飛び込むのが正解です。ライト風俗の料金には女の子に対する撒き餌が多少なりとも含まれていますので、その分、実はコストパフォーマンスが悪いことになっています。
何より風俗には下半身の満足があります。男は最終的にそれを求めているはずなのですから、ライト風俗などで紛らわせようとするのは下手っぴです。堂々と風俗店に飛び込んでこその夜遊びです。男なら、迷わず風俗店を選びましょう。